ランチェスター戦略を実践する実力

打つべき手がハッキリと分かる

競争がますます激化する中、ランチェスターは非常に重要なキーワードと言えます。
「ランチェスター戦略を実践する実力」を参考にして、企業戦略を考えてみてください。

 

経営にもこの戦略概念は応用され、松下幸之助氏がいちはやく1970年代に導入をして企業を率い、キャノン、ブリヂストン、花王、イトーヨーカドーなどの沢山の企業もその後導入をしたことで有名です。

 

ランチェスター戦略を勉強した事のある方ならばコレはスグに理解するとうぜんの事なのですけど、大多数の関って中小企業経営にいる社長や経営の幹部、店長、オーナークラスの方は実はこの事を分かりてません。

 

そして、戦術と戦略の区別が日本の経営者の中でつくのは1,000人中に3名位しかいないといわれています。

 

そこで貴方はどうでしょうか?
人・モノ・金・情報といった経営資源が大手企業には豊富にありますが、これらの経営資源は小さな会社とかお店ではかぎられています。そのため、元々、採用して実行をすべき経営戦略が中小企業と大手企業ではことなります。

 

経営の方向性となすべき事、打つべき手がランチェスター戦略と出会い、その戦略概念を学んでからは、ハッキリと分かるようになり、ぐん!と商売での成功確率が高まる事でしょう。
また、SoftBankの創業者である孫正義氏やドトール・コーヒーの鳥羽博道氏、他にも近年ではH.I.Sの澤田秀雄氏が創業間もない時期に経営にランチェスター戦略を応用して成長をした事は有名な話です。

 

前提に経営を考えた場合のランチェスター戦略をはじめにする戦術と戦略の違いをキチッと理解をしたうえで毎日の経営を行ってるでしょうか?

 

「戦争において兵力に劣る弱者が、兵力に優れた強者に勝つための条件と法則」をまとめた戦略概念がランチェスター戦略になります。

 

ランチェスターについてある程度の知識を貴方はお持ちですか?
コンテンツSEOの情報サイトやクチコサイトをチェックして納得のコンテンツSEO情報を探しましょう。

 

意外と知っているようで知らないのがランチェスター戦略のことであり、まず最初に的確な情報収集をしましょう。
インターネットや雑誌などを参考にしてランチェスター戦略の情報を集めましょう。

 

意外と知っているようで知らないのがランチェスター戦略であり、まず最初は基礎知識を勉強することが大切です。
何も知識を持っていない状態でロングテール戦略を調べましても意味がありませんので、ロングテール戦略をインターネットで検索しましょう。


営業実績が足りなくランチェスター戦略を検討しているならコチラ:株式会社クロノス

ランチェスター戦略について調べているならコチラ:ランチェスターアドバンス